アメリカンコーヒー(ダイドー)

ダイドー・アメリカンコーヒー

今回はダイドーのアメリカンコーヒーを取り上げてみる。
別に限定物でも珍しいものでないが、たまにはいいだろう。
購入場所は普通にダイドーの自販機である。

「アメリカンコーヒー」というと普通のコーヒーより薄味、というイメージがある。
はたしてこのダイドー・アメリカンコーヒーも薄味コーヒーなのだろうか……?

買った時は「あたたかい」だったが、帰宅後飲んだのですっかりさまって常温になっていた。

というわけで買いたてアツアツではなく、常温のを飲んだ感想になるが……。

甘みが強め、ミルクもそれなりに強め。コーヒー味はやや弱い。
こんな印象である。

これだと昔ながらの缶コーヒー(UCCコーヒーなど)とあまり変わらないような……。
コーヒーの風味が相対的に弱いという点では、確かにアメリカンコーヒーなのだろうか?

甘いコーヒーといえば、マックスコーヒーが思い出される。
あれは確か練乳を使っているので甘い、と聞いた覚えがある。

マックスコーヒーを最後に飲んだのは数年前だと思うので、単純に比較はできないが、記憶にあるマックスコーヒーよりは甘さは弱いと思う。

個人的には甘さとミルク分多めのコーヒーが好きなのでアリといえばアリだが、一度に飲みきるとなるとやはり甘さが強すぎるかな、というのが正直な感想。

いまどきの缶コーヒーにしては珍しく350グラム入っているので、買った当初はうれしいが飲んでいるうちに少し苦しくなってくる。

このぐらいの甘さだと、250グラムがちょうどいいのかな……。

購入場所:ダイドーの自販機
金額:100円(100円自販機だったので)
内容量:350g

ダイドー・アメリカンコーヒー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする