ありがとう逆性石鹸! Tシャツのにおいがほぼ取れたというお話

私はお気に入りのTシャツは、破れたり色あせが目立たない限り、基本的にはずっと着続けるタイプです。
ですが何年も着ていると、においがついて困ることもあります。

ちゃんと洗濯しているのになぜだろう?
と疑問に思ってしらべたら、においの原因は細菌(モラクセラ菌)なのだそうです。

この細菌、普通に洗濯して干してもまず消えないとのこと。

特に破れなどの問題も無いお気に入りのTシャツだけに、捨てるのはもったいない……そう思っていたら、
Tシャツについたにおいを消せる方法を知りました。

それが、今回紹介する逆性石鹸です。

果たして逆性石鹸の威力はいかに!?

逆性石鹸でTシャツのにおいが消せる!?

逆性石鹸の詳細な説明は省きますが、これを使うことでTシャツのにおいを消す事ができるそうです。

このことを知ったきっかけが、こちらのブログ。

逆性石鹸すげえ(よれよれ将軍のよれよれ日記)

においをとるのを諦めかけたほど、においのひどいTシャツも消臭できたということで、
期待して近所のドラッグストアに逆性石鹸求めて出かけました。

売っている場所を探すのに手間取りましたが(洗濯洗剤コーナーではなくて消毒薬などのコーナーにあった)、無事に逆性石鹸を入手。

ちなみに商品名は「オスバンS」といいます。

1本800円弱とちょっと高く感じましたが、これでお気に入りのTシャツのにおいを消せるなら、まあいいかなと。

逆性石鹸でTシャツを洗ってみた

ちなみに逆性石鹸の使い方は以下の2通りです。

  • 洗剤で洗う前に、逆性石鹸を入れた水(ぬるま湯がベストかも)にTシャツを5分以上つけ置きして、良くすすいだ後普通に洗濯する。
  • 普通に洗濯した後、最後のすすぎの前に柔軟剤の代わりに逆性石鹸を入れる。

つけ置きしたほうが効き目が強いと思ったので、前者を選びました

なお、普通の洗剤と一緒に使うと、互いの効果を打ち消しあって全く意味が無いそうです。

なので、どちらかで最初に洗ったら、しっかりすすぐ事。

逆性石鹸を400倍に薄めて、水をはった全自動洗濯機の洗濯層に入れて、Tシャツを15分つけ置き

(後で気付きましたが、消臭したいTシャツの分だけバケツに入れれば水も逆性石鹸も少なくてすみます)

その後は普通に洗濯して、洗濯終了。

Tシャツのにおいが消臭されているか期待しながら、においをかいでみたところ……。
「あれ? まだ少しにおいが残ってる?」
残念ながら、完全ににおいが消えてはいませんでした

ですが、洗う前と比べると明らかににおいは減っているのは実感できました。

「どうやら逆性石鹸の量が少なかったのかもしれない……。これはもっと量を増やさねばなるまい……!」

そう思った私は、2回目では使用量を増やす事にしました

使用量を増やして再チャレンジ!

逆性石鹸使用2回目、今度は200倍に薄めてみました。
前回の2倍の濃度ですね。これなら上手くゆくのでは?

つけおき時間は前回と同じく15分ほど

そして前回同様に逆性石鹸入りのバケツの水を洗濯層に投入、全自動洗濯機のスイッチをオン!

数十分後に洗濯が終わり、Tシャツに鼻を近づけると……
完全消臭とはいきませんでしたが、1回目よりはさらににおいが減っていました

以前ならTシャツに鼻を近づけると、それはもうひどいにおいがしたものです。それがほとんど軽減されたのが嬉しい!
おかげでお気に入りのTシャツを捨てずにすみました!

逆性石鹸のオスバンS、ドラッグストアで購入しましたが、薬局でも売っているかもしれません。

まとめ

  • 濃度は200倍がオススメ
  • つけおきの時間は15分でも良いが、長いほど良さそう
  • 洗濯物の量が少ないなら、バケツを使うほうが経済的(水の量もオスバンSの量も)
  • 逆性石鹸を使うときは、普通の洗濯用洗剤は使わない(効果が互いに打ち消されて意味がなくなるから)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする